外貨預金の為替のリスク

外貨預金には為替のリスクが にあり、元本割れすることもめずらしくありません。 基本的には、円高のときに預け 入れ、円安のときに満期になれば いいのですが、いつもそううまくいくとはかぎリません。 為替の動向を正確に予測することは不可能ですが、今後、円高円安のどちらに向かうのか、 おおよその見通しは立てておきた いものです。 また、銀行のホームページなど にあるシミュレーシ ョンを使っ て、 自分の預金は為替レート がいくら にな ったら元本割れするか を、あらかじめ計算しておくのも よいでしょう 。満期金は円で 引き出さなくてもよいです。
定期預金が満期になっても 円に戻さずに、定期預金を継続することもできますし、定期預金から外貨のまま普通預金に預け 換えることもできます。これらは 、 満期日に円高になっていたときに、元本割れを防ぐ方法として使えます。つまり、定期を継続したり普通預金に預け換えたりして円安を待つのです。 ただし、普通預金に預け換える 場合は、満期日前に銀行にその旨を連絡しておく必要があります。 また、満期金は円に戻さず、 T/ C(トラベラーズチェック)に換えたり、外貨のまま海外にいる家族への送金などに使ったりすることもできます。 ただしこの場合は、 T/ Cの発 行手数料や海外への送金手数料がかかります。また、外貨のまま で引きだすことも可能ですが、外貨を円にする為替手数料よリも高い手数料がかかります。 しかし、銀行によっては、取引実績や口座残高によって、 T/ C の発行や海外送金に対する手数料を割引するサービスを行っている 場合もあリますし、米ドル決済用 のクレジッ ト力一ドを発行してい るところもあるので外貨のまま使う予定がある人は、あらかじめ 銀行の サービス内容をよく調べて おくとよいでしょう。