外貨預金

外貨預金は銀行で扱っていま す。通費は米ドル、ユー口 、オ ーストラリア (豪) ドル、 ニュ ージーランド ドルが主流で 、中には、英ポンド、力ナダ ・ドル、 スイスフラン、香港ドルなどの外貨預金を扱う銀行もあります。 外貨預金にも、 普通預金と定期預金があり、仕組みは日本の普通預金や定期預金と同じです。すなわち、普通預金には満期がなく、 いつでもお金を出し入れできます。金利は変動金利となります。 定期預金は、あらかじめ満期日と利率が決ま っており、預け入れ たときの利率が満期まで適用され ます 。期間は通常1力月、 3力 月、6力月、 1年ですが、中には、 2年、 3年のものを扱う銀行もあ ります 。 また、 自動継続扱いもできます。 中途解約はできないかあるいは  できてもその場合は普通預金の金

利が適用されます。 預入金額の単位は米ドル建ての 場合、普通預金は 1ドルからです が、定期預金は銀行によって異な り、 1 00 ドル単位、 1000 ドル単 位とするところが多く、 1 0万円 相当額あるいは 50 万円相当額か らとするところもあります。外貨預金では、その通貨を発行している国の預金金利が適用され ます 。 日本は低金利なので、おおむねどこの国でも預金金利は日本より高く、そうした高金利を日 本にいながらにして得ることができるのが、外貨預金の大きな魅力 といえます。 利率は通費によって違います。 また同じ通費でも、銀行によって も多少違いがあります。 忘れてならないのは、タト員預金 は円建ての定期預金と違って、預入と解約のときに為替の手数料が かかるという点です。