ドルが高くなるのは経済力・軍事力が強いから

日本がいかに技術力があるとはいっても、アメリカの資源、軍事、経済力、知的所有権には勝てません。いかに日本が世界第二の債権国であり、GNPでも世界第二位とはいっても、しょせんは、アメリカなどへの輸出で外貨を稼ぎ、それでバランスを保っているのです。そのために、急激な円高は、ソニーのような国際優良株も「アメリカが仕掛けた円高政策」によって、たちまちのうちに大きな赤字に転落するのです。

国内に需要がなく、海外に需要を求めている日本の企業体質は、1円の円高で、受けとるドルが減り、大きな損害を受ける体質になっています。

その結果、日本の企業はもちろん、経済全体の力が弱まり、また円安・ドル高に戻ります。本来はこれが正常な形なので、一時的な円高は長続きしません。

そこで、よいことをおしえましょう。円高は正しい為替相場の形ではないので、必ず円安・ドル高になります。そうなると、円が高い時に、ドルをたくさん買っておけば、円が安くなった時、すなわち、ドル高の時には、たくさんのドルが手に入るので外貨預金でも、US・MMFであっても、為替差益が大きく儲けられるのです。

それをはじめるのは、異常な円高の時です。これはヘッジファンドがつくってくれたチャンスともいえるので、無駄にせずに活用しましょう。

 

作成者: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です